Skip to main content
Products & Solutions

SecurID、RSAビジネス

  • by Kelly Fiedler

SecurID Logo

水準を引き上げる – 新章、新しいブランド・アイデンティティ

2020年9月、RSAは世界最大規模のサイバーセキュリティおよびリスク管理の専門組織として単独操業を開始しました。

これはRSAの歴史における重要なマイルストーンでしたが、決して最後のマイルストーンではありません。

それ以来、RSAは4つの製品ラインを再編し、それぞれを独自のビジネスとして確立してきました。本日は、この再編成がSecurID、アイデンティティおよびアクセス管理 (IAM) ビジネス、さらには大切なお客様やパートナーにとってどのような意味を持つのかをお伝えします。

35年以上にわたりSecurIDは、市場をリードするアイデンティティ・ソリューションを世界で最もセキュリティに敏感な組織に提供してきました。私たちはセキュリティの最前線で、企業が必要とするテクノロジーを提供してきたのです。

今日、デジタル変革が認証、アクセス管理およびアイデンティティ管理に関連する前例のない課題につながる中、私たちの経歴がこれまで以上に重要性を増しています。このように私たちは自分たちのルーツに立ち返って、私たちのアイデンティティ提供を前進させ、私たちのアイデンティティ購入者のユニークなニーズを満たすことのみに集中できることに嬉しさを隠せません。

SecurIDとしての運用、革新、開始し、先頭に立つことを嬉しく思います。

本日、新章開始

SecurIDの使命は、エンド・ツー・エンドのアイデンティティとアクセスの保証を通じて、企業がデジタル世界で繁栄できるようにすることです。アイデンティティとアクセスの管理は旅であり、お客様はその旅のさまざまな段階にいます。しかしすべての組織には、継続性を確保し、コラボレーションを促進し、重要な資産を保護するため、より優れたIAMプラクティスを推進したいという固有の願望があります。私たちがここにいるのは、あなたがどの段階にいようと、行き先がどこであろうと、あなたを手助けするためです。

私たちのミッションを補完するためのSecurIDのビジョンは、どこからでも何でもあらゆる関係者に対して安全でコンプライアンスに準拠したシームレスなアクセスを可能にすることで、最も信頼されたクラウドベースのアイデンティティプラットフォームになることです。現在、世界中で5,000万を超えるアイデンティティと数百万人のユーザーを保護しています。また私たちには、何人のユーザーであっても、どんなプラットフォームでも、どこでも、どんな環境でもお客様に必要なだけの認証・管理を行う技術があります。お客様の成長を支援し、最も重要なものを保護し続けます。

SecurIDがこの新しい章を始めるにあたり、最も直接的な変更点はブランド・アイデンティティです。これは私たちの技術についてどう伝えるのか、また私たち自身をわかりやすく表現する方法の両方を含んでいます。本日、私たちの新しいウェブサイトであるSecurID.comを公開します。このサイトでは、今日のアイデンティティの課題に対する最新のアプローチを紹介しています。SecurID.comでは、ゼロ・トラスト戦略の実装方法、クラウドのIAMで必要なものをすべて取得する方法、ハイブリッド・ワークフォースを安全に実現する方法など、完全なエンド・ツー・エンドのIAMサービスについて詳しく説明します。また、多要素認証パスワードレス認証、堅牢なガバナンスおよびライフサイクルなどの機能を明らかにして製品を見て試す機会を提供します。

私たちの新しいビジュアル・アイデンティティでは、シンプルなアイコン、イメージ、フォント、また明るいカラー・パレットを組み合わせました。アイコン内のクラウドは、弊社がクラウド第一のソフトウェアに注力していることを示し、青は顧客からの信頼を象徴しています。これらの要素を一緒にすることで、私たちの使命を明確化しました。この新たなアイデンティティは、私たちの伝統の一部である強さ、革新性、回復力、そして将来のあらゆる課題に適切な解決策を提供し続けるために役立つ重要な資質も捉えています。

次の章を楽しみにしています。またお客様が最も重要な情報を保護できるよう支援します。現在と将来のすべてのお客様に、アイデンティティに関するすべてのニーズでSecurIDを信頼していただきありがとうございます。今後お客様がIAMのどの段階に行く場合でも、パートナーとして一緒に歩んでいくことを楽しみにしています。