Skip to main content
Products & Solutions

現代のアイデンティティ管理ソリューションに不可欠な3品質

  • by Murtaza Hafizji

Hand typing on a laptop

デジタル変革の前例のない時代において、アイデンティティとアクセスの管理はこれまで以上に複雑さと課題を増しています。しかしそれはまた、新しいデジタル目標を追求し、より迅速に運営し、職場と市場の両ユーザーにとってより使いやすく満足のいく接続を実現する、説得力ある機会を提供します。

機会を実現およびデジタル変革から生じる課題の高まりへの対処のための鍵は、権限を与え、柔軟で便利になるように設計されたアイデンティティおよびアクセス管理ソリューションにあります。今こそ、次のようなソリューションを模索すべきです。

1. リーダーがより大きな夢を持ち、より多くのことをできるようにする

今日のリーダーがどのようなデジタル・イニシアチブを追求しようとも、テクノロジーの信頼性や堅牢性を考え直さずに、安全に実行できる必要があります。より多くの業務をクラウドに移行して従来の境界を越えて従業員を動員し、強力なサードパーティのエコシステムを維持します。これらの目標やその他の野心的な目標には、状況にかかわらず、アイデンティティと資産を地上からクラウドに安全に拡張できるアイデンティティ・ソリューションが必要です。この文脈におけるアイデンティティ・セキュリティは、何よりもまず、変化を妨げるものではなく、変化を可能にするものです。

2. さまざまなビジネス・ニーズに柔軟に対応できるようにする

RSAは何年も前からアイデンティティに関して、何にでも使える解決策はない、と主張してきました。すべての組織がさまざまな課題に直面している今ほどこの言葉が真実であったことはありません。したがって、適切なアイデンティティ・ソリューションは、まさにこうでなければなりません。つまり、組織が追求している機会と、その組織がその過程で強化している人々に基づいて、あらゆる方法でその組織に適していなければならないのです。この要求を満たすには、アイデンティティ・ソリューションを使用するユーザーとその用途、およびその組み合わせがもたらすリスクのレベルに対応するカスタマイズされたポリシーと能力で、アイデンティティ・ソリューションを簡単に構成できる必要があります。

3. 誰もが便利に使える環境を実現

今日では、組織のリソースに安全に接続する必要がある人はどこにでもいると言っても過言ではありません。その人たちは出勤するのと同じくらい自宅からつなげる可能性が高い一部の従業員かもしれません。あるいは作業場所や、利用デバイスにかかわらず、製品やサービスにすぐアクセスできて当然と考える一部の顧客ベースであるかもしれません。どのような状況であっても、組織は非常に便利でありながらも妥協しない安全性を備えたアクセス環境を提供することでメリットを得られます。

RSA SecurID Suiteは、権限付与、柔軟性、利便性という、最新のアイデンティティ・ソリューションの主要な3属性に基づいて構築されています。RSA SecurID Accessは、iOS、Android、MS Windows向けに、プッシュ通知、生体認証、ワンタイム・パスワード (OTP) など認証方法を幅広く提供します。これらの認証方法はすべて、従業員や顧客のニーズに適応します。RSAアイデンティティ・ガバナンスおよびライフサイクルは、適切なユーザーが適切なツールに適切なタイミングでアクセスできるよう、構成可能なポリシー、ルール、ワークフロー、その他ツールを使って、リソースへのアクセス管理作業を迅速化および効率化します。

前例のない変化の中で、これらの機能があなたの組織にどう役立つかについて、今すぐRSAにお問い合わせください。