Skip to main content
Products & Solutions

企業が現代的なIAM戦略を今検討すべき理由

  • by Ben Lebeaux

Visualization of remote work MFA

2020年末、RSAの専門家たちは、2021年にサイバーセキュリティがどう変化するか、21の予測を発表しました。最初の予測では、企業はデジタル変革に力を注ぎ「競争優位性を取り戻すためさらに緊急に」デジタル変革を受け入れるだろう、というものでした。

予測がすでに現実になりつつあるのは明らかです。しかし私たちが予想していなかったのは、デジタル変革が未来のオフィスに取り込まれるのがいかに早いかということでした。

フリーランスのマーケットプレイスUpworkによると、2021年には従業員の27%近くが完全にリモートワークになるということです。Upworkの調査では、2025年までに遠隔地で働く労働者数がパンデミック発生前の倍になることが予測されています。

デジタル変革によって、企業のオフィススペースに対する予算も変わりつつあります。商業用不動産会社のCBREによると、サンフランシスコの最新の空室率は、2009年の大不況時の記録を上回りました。The New Yorker紙は最近、商業用不動産会社の「Boston PropertiesとVornado Realty Trustは …この1年間で株式市場価値の3分の1以上を失い」、「パンデミック以降、ニューヨークの貸しスペースは劇的に拡大した」と報じました。

PwCの調査によると、希望の兆しは、リモートワークが米国で「圧倒的な成功」を収めており、企業の83%がリモートワークへの移行に成功したと回答している (6月は73%) ことです。またパンデミック前のようにオフィスに戻りたいと考えていた企業幹部は5人中1人にも満たなかったのです。

新しいワークスペース + 新しいツール = 新しいリスク

これらのトレンドは、働く場所よりも働き方に大きな変化をもたらすでしょう。上にリンクされているThe New Yorkerの記事で、マイクロソフトのモダン・ワーク部長ジャレッド・スパタロー氏はこうした傾向は「『第2のデジタル変革』を加速させている。この変革は従業員がオフィスに出勤するかリモート作業をするかにかかわらず、デスクトップをつなぐ仮想クラウドベースのオフィスの構築である」と述べました。

スパタロー氏は「どの企業も従業員一人一人のためにデジタル・ワークスペースに投資する必要があると考えている」と述べ、また企業は家賃やリース料を削減からの節約分で「スペースや時間を超えた独自のデジタル・ホワイトボードやビジュアル会議ツールを搭載したカスタム・オフィスをクラウドに構築する。先週の火曜日にバーチャルオフィスでの出来事を知りたければ、戻ってミーティングを再生できる」と付け加えました。

これらの投資を行うことで、企業は継続性を確保し、生産性を向上させ、新たなコスト削減を実現できます。しかし、デジタル変革が加速するにつれ、企業の仮想化されたクラウドベースのオフィスは、特に認証、アクセス管理、アイデンティティ・ガバナンスに関する新たなリスクをもたらすことになるのです。

RSA SecurID Suiteは、デジタル変換の採用によって発生する可能性のあるアイデンティティおよびアクセス管理のリスクへの対応向けに構築されています。RSA SecurID AccessiOS、Android、MS Windows向けに、プッシュ通知、生体認証、ワンタイム・パスワード (OTP) など認証方法を幅広く提供します。RSAアイデンティティ・ガバナンスおよびライフサイクルにより、チームがリモートからリソースにアクセスしている場合でも、適切なアカウントのみが適切なアプリケーション、データ、ITリソースにアクセスできるようになります。

いずれにせよ、事態が以前の状態には戻ることはありません。これらの変化に対応し、デジタル変革を活用し、従業員が適切なシステムに適切にアクセスでき、アクセスしようとしている人が従業員本人であることを確認するようにする方法の詳細は、RSAにお問い合わせください。