SecurID製品

IDとアクセスの管理

多要素認証

SecurID Accessは、広範な認証方法(モバイル プッシュによる承認と生体認証を含む)と動的なリスク主導型アクセス ポリシーで、SaaSアプリケーションと従来のエンタープライズ リソースを保護します。

詳細情報

シングル サイン オン

SecurID SSOにより、ユーザーは1回サインオンするだけで複数のリソースにアクセスできるため、利便性が最大限に高まると同時に、脆弱性ポイントを最小限に抑えることができます。

詳細情報

パスワードレス認証

SecurIDのパスワードレス オプションは、認証情報ベースの攻撃を排除することでセキュリティを向上させ、認証を容易にすることで利便性を高めます。

詳細情報

IDガバナンス

Identity Governance and Lifecycleは、アクセス ガバナンスをシンプルにし、アクセスのリクエストとフルフィルメントを合理化して、システムとアプリケーション全体にわたって統一された形式でアクセスを可視化します。

詳細情報

リスク ベース認証

SecurIDのリスクベース認証では、発生したリスクに基づいてアクセス要求を評価し、リスクがあることが認められた場合にのみ認証を強化できます。

詳細情報

ワンタイム パスワード認証

SecurID多要素認証は、さまざまなワンタイム パスワード(OTP)認証方法をパスワードレス オプションとともに提供します。

詳細情報