SecurID®の認定とコンプライアンス

信頼の獲得

SecurIDは、製品のセキュリティ、信頼性、および可用性に関する業界標準および規制に準拠しているものとして認定されています。これらの認定は、実証済みのパフォーマンスを提供してお客様の信頼を得ることに対する当社の取り組みの一環として共有されています。

認定とコンプライアンス

SOC2タイプ2

SOC2タイプ2

SecurIDは、セキュリティ、可用性、および機密性に関連した統制について、SOC 2タイプ2レポートのCPAによる発行を要求するAICPA SOCガイドラインに適合しています。ステータスはFedRAMP環境には適用されません。

CSA STAR

CSA STAR

SecurIDクラウド サービスは、2018年からCloud Security AllianceのSTARレジストリに登録されています。

現在のステータスを表示

FIPS140-2コンプライアンス

FIPS140-2コンプライアンス

SecurIDは、FIPS 140-2で検証された暗号化モジュールを使用して、モバイル アプリ、クラウド、オンプレミスにわたって静止データと未了データを管理します。

証明書を表示

FedRAMP

FedRAMP

SecurIDは、FedRAMPの「In-Process」(認定作業中)ステータスを取得し、米国政府機関と連邦システム インテグレーターにるクラウド ジャーニーの推進に利用できるようになりました。

詳細を確認

ISO9001:2015

ISO9001:2015

品質管理システムは、SecurID認証トークンの履行においてISO 9001:2015規格に認定されています。

証明書を表示

タイトル47のFCC規則と規制

タイトル47のFCC規則と規制

SecurIDハードウェア トークンは、CFRのタイトル47、パート15の放射および伝導エミッションに関するFCCガイドラインを満たしています。

テストの概要を表示

CEマーキング

CEマーキング

SecurIDハードウェア トークンは、仕様EN550022クラスA、EN61000-4-2:2008、EN6100-4-3:2006クラスAおよびRoHS2: EN 50581:2012に関する指令93/68/EC:2004/108/EC:2006/95/EC:に準拠したガイドラインを満たしていなければなりません。

EUの宣言を表示

ECの宣言を表示

仕様と規格

GDPR、CCPA

SecurIDは、個人データの処理に関連したGDPRおよびCCPAに記載されている一部の項目についてSecurID Accessの見解に関する情報を提供しています。

プライバシーの考慮事項を表示

VPAT

製品アクセシビリティ情報は、契約担当官がアクセシビリティをサポートする機能の可用性を評価できるようにすることを目的とした、自主的製品アクセシビリティ テンプレート(VPAT)で提供されます。

AM 8.5 VPATを表示

MIL-STD 810F

構造的整合性についてのSecurIDハードウェア トークンの耐久性テストは、MIL-STD 810Fガイドラインに従って実施されました。

テストの概要を表示

ISO 13491-1、ISO DIS 13491-2

SecurIDハードウェア トークンは、改ざん防止のためにISO 13491-1およびISO DIS 13491-2(A2.1.2、A1、A2、A4)標準に準拠しています。

テストの概要を表示

方法RS101、MIL-STD-461E

放射妨害感受性についてテストされたSecurIDハードウェア トークンは、テスト方法RS101、MIL-STD-461Eに準拠しています。

テストの概要を表示

UL 913-第6版(米国)

SecurIDハードウェア トークンは、危険な場所で使用する場合の安全性に関するUL 913規格に準拠して設計およびテストされています。

テストの概要を表示

CSA-C22.2 No. 157-92

SecurIDハードウェア トークンは、危険な場所で使用する場合の安全性に関するCAN/CSA-C22.2 No. 157-92規格に準拠して設計およびテストされています。

テストの概要を表示