IDガバナンス

アクセスの主体、対象、理由の確認

ますますデジタル化する世界では、アクセスを要求するユーザーの本人確認を行う必要があります。それでは、適切なユーザーが適切なリソースに適切な理由でアクセスしているかどうかを確認するには、どうすればよいでしょうか。それを可能にする唯一の手段は、包括的なIDガバナンスおよび管理(IGA)プログラムです。

IDガバナンス

SecurIDが提供する機能

段階的なアプローチ

段階的なアプローチ

IGAは、アクセス レビューからライフサイクル管理、ロール ベースのアクセス制御など、多くの分野をカバーしています。SecurID Governance & Lifecycleは、クラウドまたはオンプレミスでの導入に段階的なアプローチを提供するため、すべてを一度にロールアウトする必要がありません。

自動化されたプロセス

自動化されたプロセス

絶えず変化するワークフォース、増え続けるリソース、複数のアクセス ポイントを抱える環境の場合、スプレッドシートなどの手動ツールをIGAに使用しても通用しません。SecurID Governance & Lifecycleは、低速で非効率的なプロセスを高速で正確なオートメーションに置き換えます。

アクセスの可視性

アクセスの可視性

アクセスの可視性が限られていると、効果的なガバナンスは不可能です。SecurID Governance & Lifecycleは、アクセスの異常やポリシー違反を発見するために必要な完全な可視性を提供し、それを高度な分析と組み合わせて、問題のある領域に優先的に対応できるようにします。

リソース

仕組みを確認する

SecurIDのインタラクティブなデモを体験して、アクセスがいかに安全で便利になるかを直接ご確認ください。