多要素認証

MFAは安全を保つものであって、足かせになるものであってはならない

多要素認証は、境界なき世界へのシフトが進む現状でアクセス セキュリティを確保するうえで欠かすことのできない機能です。MFAソリューションは、必要なセキュリティを実現するだけでなく、さまざまなユーザーの好みや変化するビジネス要件に容易に適応できる柔軟性を備えています。。

MFA

SecurIDが提供する機能

広がる認証方法

広がる認証方法

今日のハイブリッド ワーカーが働く場所とその働き方は、これまで以上に多様化しています。SecurIDは、モバイルベースのプッシュ承認とワンタイム パスコードから、生体認証やFIDOベースの認証などのパスワードレス オプション、世界で最も広く展開されているハードウェア トークンに至るまで、認証のためのさまざまな便利な方法をハイブリッド ワーカーに提供します。

あらゆるクラウド ジャーニーをサポート

あらゆるクラウド ジャーニーをサポート

組織がクラウドの採用を急速に進めているか、クラウド アクセスを段階的に展開しているかにかかわらず、その過程をサポートするMFAソリューションが必要です。SecurIDを使用すると、クラウド戦略で定められているペースに関係なく、オンプレミス機能を必要に応じてクラウドに簡単かつシームレスに拡張できます。

インターネットがなくても問題なし

インターネットがなくても問題なし

ネットワーク接続が中断された場合や、働いている場所のインターネット サービスが使用不可になった場合でも、場所や使用デバイス(WindowsベースまたはmacOS)にかかわらず確実に認証を行うことができる、便利な「ノーフェール」機能を提供しているのはSecurIDだけです。

リソース

仕組みを確認する

SecurIDのインタラクティブなデモを体験して、アクセスがいかに安全で便利になるかを直接ご確認ください。