Skip to main content

ワンタイム・パスワード認証

認証方法は多ければ多いほどよし

さまざまなデバイス上のさまざまな場所から認証を受けるユーザーがいる場合、ワンタイム・パスワード (OTP) 認証へのパスを複数提供することが重要です。さまざまなOTPオーセンティケーターから選択できるため、複数のユーザー設定と組織要件に対応する便利で安全な認証体験を提供できます。

SecurIDの機能

ユーザーの柔軟性

どこでも仕事ができるユーザーは、オフィスからと同じくらいの頻度で自宅から認証を受ける可能性が高く、パソコンと同じくらいMacを使う可能性が高く、モバイルデバイスに完全に依存する可能性さえあります。そのため、SecurIDはさまざまなプラットフォームでOTP認証などさまざまな方法を提供しています。

従業員の生産性

SecurID OTP認証では接続方法を増やすことで、ユーザーが必要なリソースに接続できないために生産性が限られてしまう状況を回避できます。たとえばSecurIDには独自のデスクトップOTPオプションがあります。このオプションを使うとユーザーがスマートフォンの代わりにノートパソコンにソフト・トークンをインストールできます。

認証戦略のサポート

変化する従業員に対応するためにも、進化するクラウドへの移行に対応するためにも、組織が認証戦略を採用するにつれ、SecurIDの多要素認証は、パスワードレスの未来の追求を含め、お客様が行うあらゆることをサポートします。OTP認証以外にも、生体認証、近接ベース認証、FIDOテクノロジーなどがその実現に貢献しています。

それがどのように機能するかを見る

SecurID対応の顧客アイデンティティ管理のデモについてお問い合わせください。

SecurIDを体験