リスク ベース認証

アクセスの容易さとセキュリティは秤にかけるのではなく、同時に実現すべき

機密性の高いリソースへのアクセスを保護しながら、そのリソースを必要とするユーザーが合理的に簡単にアクセスできるようにするにはどうすればよいでしょうか。その答えとなるリスクベース認証では、アクセス試行がもたらすリスクに応じて、アクセスを容易または困難にすることができます。

リスクベース認証

SecurIDが提供する機能

コンテキストベースの評価

コンテキストベースの評価

SecurIDのリスクベース認証は、データ収集、デバイス マッチング、異常検出、行動分析などの手法とテクノロジーを使用して、アクセス試行のコンテキスト(誰がどこからどのデバイスを使用してアクセスを要求しているかなど)を判断し、それに基づいてアクセス リスクを評価します。

機械学習

機械学習

SecurIDのリスクベース認証は、アクセス要求がもたらすリスクを評価することに加え、その評価から得た知識を将来のアクセス要求に適用します。そのため、たとえば、同じデバイスから同じリソースへのアクセスを毎日要求している同一ユーザーに対する本人確認は行われませんが、そのユーザーが新しいデバイスからアクセスを要求した場合は本人確認の対象となります。

認証の選択肢

認証の選択肢

認証要素の追加を必要とするアクセス リスクが認められた場合、SecurIDの多要素認証(MFA)では、強力な認証のためのさまざまなオプションを選択できます。不正なアクセス試行が成功するのを防ぐことがそのねらいであり、正当なユーザーに不要な負担がかかることはありません。

リソース

仕組みを確認する

SecurIDのインタラクティブなデモを体験して、アクセスがいかに安全で便利になるかを直接ご確認ください。