Skip to main content

リスクベース認証

アクセス性をセキュリティと引き換えにしない、またはその逆もしない

機密性の高いリソースへのアクセスを保護しながら、必要なユーザーがアクセスしやすいようにするにはどうすればよいでしょうか?リスクベース認証は、アクセス試行リスクに基づいてアクセスの難易度を変化させることで、この問題に答えます。

SecurIDの機能

コンテキストベースの評価

SecurIDのリスクベースの認証では、技術とデータ収集、デバイス照合、異常検出、動作分析などのテクノロジーを使って、アクセス試行のコンテキスト(誰がどこから何のデバイスからアクセスしようとしているかなど) を判別し、そのコンテキストに基づいてアクセス・リスクを評価します。

機械学習

SecurIDのリスク・ベース認証では、リスク・アクセス・リクエスト態度の評価に加えて、その評価から学習し、その知識を将来のリクエストに適用します。たとえば、同じユーザーが同じデバイスから同じリソースへのアクセスを毎日要求しても新たに何か認証を要求されることはありませんが、新しいデバイスからそのユーザーがアクセスを要求すれば追加で新たな認証を要求されます。

認証の選択肢

アクセス・リスクのレベルが別の認証要素を必要とする場合、SecurID 多要素認証 (MFA) は強力な認証を実現する幅広い選択肢を提供します。これは正当なユーザーに不必要に大きな負担をかけずに、不正な試みを未然に防ぐことを目的としています。

それがどのように機能するかを見る

SecurIDのインタラクティブな探検に足を踏み入れ、アクセスの安全性と利便性をご体感ください。

SecurIDを体験