クラウドにおけるIDおよびアクセス管理

安全なアクセスがクラウドでの成功を後押し

クラウド内のリソースに信頼性の高い一貫した方法でアクセスできるようになると、テレワークとコラボレーションのサポートから運用コストの削減まで、クラウドの成功に関する組織の目標をより簡単に達成できます。

クラウドにおけるIDおよびアクセス管理

SecurIDが提供する機能

高可用性

高可用性

クラウド向けのアクセス管理ソリューションにどれほど豊富な機能が備わっていても、それらが約束どおりに確実に機能しなければ意味がありません。アクセスの信頼性に対するSecurIDの取り組みには、99.99%の可用性に始まり、さまざまなシステムや組織との連携を可能にする相互運用性が公認されたテクノロジーの統合、さらにオンプレミス フェールオーバー認証も含まれています。そのため、統合の失敗やインターネット サービスの中断による認証の妨げを心配する必要がありません。

柔軟なMFAオプション

柔軟なMFAオプション

ユーザー、ワークスペース、組織はどれも互いに異なります。そのため、幅広いクラウド認証オプションから選択できることが必要です。SecurIDには、ユーザー環境やデバイス リスクなどの要因に基づいて認証を簡単にカスタマイズできる包括的なオプションが用意されています。

利便性とセキュリティをバランスよく実現

利便性とセキュリティをバランスよく実現

安全なアクセスがクラウドにおける認証の重点領域であることは言うまでもありませんが、快適で生産的なユーザー エクスペリエンスも同様に重要です。そのため、SecurIDのリスクベース認証では、アクセス リスクがあることが認められた場合にのみ認証が強化されます。リスクが低いことが分析によってしめされた場合に、多要素認証による不便がユーザー側に生じることはありません。

リソース

仕組みを確認する

SecurIDのインタラクティブなデモを体験して、アクセスがいかに安全で便利になるかを直接ご確認ください。