Skip to main content

クラウドにおけるアイデンティティおよびアクセス管理

安全なアクセスがクラウドでの成功を促進

リモートワークやコラボレーションのサポートから運用コストの削減に至るまで、クラウド上のリソースに信頼性と一貫性のあるアクセスを提供できれば、クラウドの成功に向けたあなたの組織の目標達成がしやすくなります。

SecurIDの機能

高可用性

クラウド向けのアクセス管理ソリューションがフル機能であっても、それが約束どおり確実に機能しなければ意味がありません。アクセスの信頼性に対するSecurIDの取り組みは、99.99%の可用性から始まります。また、相互運用性が認定されたテクノロジーの統合やオンプレミスのフェイルオーバー認証も含まれています。そのため統合の失敗や認証を妨げるインターネット接続サービスの切断を心配する必要はありません。

柔軟なMFAオプション

どのユーザーも、職場も、組織も2つと同じものはないため、幅広いクラウド認証オプションから選択しなければなりません。SecurIDは、ユーザー環境やデバイスのリスクなどの要因に基づいて認証を簡単にカスタマイズできる包括オプションを用意しています。

利便性とセキュリティのバランス

もちろん、安全なアクセスはクラウドにおける認証のポイントですが、ポジティブで生産的なユーザー体験も同様に重要です。そのため、SecurIDのリスク・ベース認証では、アクセス・リスクが認めた場合にのみ認証が強化されます。ただしアクセス・リスクが保証した場合のみです。分析の結果リスクが低いと判断された場合にユーザーが複数の認証ファクターに煩わされることはありません。

仕組みを見る

SecurIDのインタラクティブな探検に足を踏み入れ、アクセスの安全性と利便性をご体感ください。

SecurIDを体験