Skip to main content

顧客アイデンティティ管理の有効化

セキュリティとプライバシーをシームレスな顧客体験にする

お客様は現在、食べ物の注文や映画の鑑賞、金銭管理、さらには医療まで、生活のほぼあらゆる場面でデジタルなやり取りをしています。やり取りが増えるポイントではセキュリティを確保しプライバシーを保護する、より堅牢な認証が必要です。しかし優れた顧客体験を犠牲にする必要はありません。

SecurIDの機能

エンタープライズ・レベルの認証 ― 今こそお客様のために

お客様の認証にSecurIDを使えば、お客様は世界中の企業がすでに社内で提供しているものと同じ、安全で便利なエクスペリエンスを享受できます。私たちのモバイルSDKで、既存のアプリにSecurID認証を組み込むか、またはそれを使用して新しいブランド認証アプリを作成するかにかかわらず、チャネル間でブランドを組み込む一貫したエクスペリエンスをすばやく簡単に作成できます。

さまざまな多要素認証の選択肢

顧客が利用できる認証に選択肢が多ければ多いほど、顧客があなたとのやり取りに強力な多要素認証を採用しやすくなります。SecurIDはプッシュ・トゥ・アプルーブ、ワンタイム・パスコード、生体認証やFIDOベース認証などのパスワードレス・オプションを含む、幅広く強力な認証方法を提供します。

介入を最小限に抑えるためのリスクベース認証

SecurIDのリスク・ベースの認証では、追加認証でセキュリティを強化してセキュリティを向上させます。しかしセキュリティが強化されるのはリスクがある場合に限られ、不要な不便さが生じることはありません。リスクはチームが定義したポリシーに基づき、AIによる高度な機械学習で計算され、ユーザーと顧客が納得するレベルで介入が行われます。

それがどのように機能するかを見る

SecurID対応の顧客アイデンティティ管理のデモについてお問い合わせください。

SecurIDを体験