IAMとハイブリッド ワーカー

境界防御からモダンなIAMへのシフト

場所や使用デバイスに関係なくリソースにアクセスするハイブリッド ワーカーが新たな現実となり、IDおよびアクセス管理に対する新しいアプローチが求められています。最小権限の原則に基づいてリスクを最小限に抑えるための戦略を策定し、業務の遂行に必要な権限だけを各ユーザーに与えることが重要です。

ハイブリッド ワーカー

SecurIDが提供する機能

アクセス権付与のためのベスト プラクティス

アクセス権付与のためのベスト プラクティス

ユーザーが複数のアクセス ポイントを介して複数の場所からリソースに接続している場合、安全なアクセスを維持するためには、最小権限の原則を適用することがこれまで以上に重要になります。SecurIDの機能により、新しいアカウントへの権限の付与と既存のアカウントの権限監査のためのベスト プラクティスを確立できます。

安全で簡単なアクセスを実現するMFA

安全で簡単なアクセスを実現するMFA

SecurID MFAは、データ、アプリケーション、およびリソース(クラウド内のリソースを含む)への安全なアクセスを提供するための最新の認証方法を完全に補完します。これらの認証方法には、アクセスを簡単(覚えておくパスワードがない)かつ安全(盗まれるパスワードがない)にするパスワードレス オプションが含まれています。

ガバナンスにへの重点的な取り組み

ガバナンスにへの重点的な取り組み

今日の働き方が複雑になり、絶えず変化を続ける中、誰が何にアクセスできるかを常に把握していることがこれまで以上に重要となり、その結果、IDガバナンスの重要性もこれまで以上に高まっています。SecurIDは、アプリケーションの動的なアクセス制御をサポートする、認証および資格情報管理のための一元化されたプラットフォームを提供します。

リソース

仕組みを確認する

SecurIDのインタラクティブなデモを体験して、アクセスがいかに安全で便利になるかを直接ご確認ください。