Skip to main content

IAMとハイブリッド・ワークフォース

さようなら、古い境界 ― こんにちは、最新のIAM

どこからでも、どのようなデバイスからでもリソースにアクセスできるハイブリッド・ワークフォースの新たな現実は、アイデンティティとアクセス管理への新しいアプローチが必要な時期に来ていることを意味します。最小権限の原則に基づいてリスクを最小限に抑える戦略を構築します。つまり、ジョブ実行に必要で的確な範囲の権限を各ユーザーに付与します。

SecurIDの機能

アクセス許可のベストプラクティス

ユーザーが複数のアクセス・ポイントを介して多数の場所からリソースに接続する場合、安全なアクセスを維持するため最小権限の原則を適用することがこれまで以上に重要になっています。SecurID機能は、新しいアカウントに権限を付与し、既存のアカウントの権限監査を実行するためのベスト・プラクティス確立する際に役立ちます。

安全で便利なアクセスのためのMFA

SecurID MFAは、クラウド内のリソースを含むデータ、アプリケーションおよびリソースへの安全なアクセスを提供するために、最新の認証方式を完全に補完します。これらの方法には、便利な (覚えておくべきパスワードがない) パスワードレス・オプションと安全な (盗むべきパスワードがない) パスワードレス・オプションがあります。

ガバナンスの重視

複雑で絶えず変化する今日の労働力の性質を考えると、ある時点で誰が何にアクセスできるかを知ることはこれまで以上に重要です。これはアイデンティティのガバナンスがこれまで以上に重要だということです。SecurIDは動的なアプリケーション・アクセス制御をサポートする認証および資格証明管理のための一元化プラットフォームを提供します。

仕組みを見る

SecurIDのインタラクティブな探検に足を踏み入れ、アクセスの安全性と利便性をご体感ください。

SecurIDを体験