IDリスクはミッション リスク

SecurIDがリスクの管理とミッションの達成を支援

クラウドにおけるSecurID

クラウドにおけるSecurID

オンプレミス認証の手段として政府から長い間信頼されてきたSecurIDは、連邦政府機関や公共部門の組織がクラウドに移行する際のサポートに取り組んでいます。そのコミットメントの一環として行っているのが、FedRAMP認可の取得です。SecurIDは、米国国勢調査局の後援とP-ATOステータスについてFedRAMP JABの優先権を獲得し、認可までの道のりの重要なステップであるFedRAMP「In-Process」(認定作業中)ステータスを与えられています。

詳細情報

米国議会議事堂
多要素認証

多要素認証

SecurID MFAは、モバイル ワンタイム パスワードから安全な場所に対するPCベースの認証まで、あらゆるニーズを満たす柔軟なオプションを提供します。

MFAオプションを表示する

IDガバナンス

IDガバナンス

SecurIDは、アクセスの可視性と高度な分析を組み合わせてアクセス リスクに関するインサイトを提供し、問題に優先順位を付けて対応します。

ガバナンスの詳細を見る

ハイブリッド ワーカー

ハイブリッド ワーカー

SecurIDは、リモートとオンサイトの両方の従業員とコントラクターが、機密性の高いリソースに安全かつ簡単にアクセスできるようにします。

ワークフォースを保護する

ゼロ トラスト

ゼロ トラスト

SecurID MFAやロールベース アクセスなどの機能は、セキュリティへのゼロ トラスト アプローチをサポートし、NISTフレームワークの要件を満たします。

ゼロ トラストを有効にする

認定

認定

SecurIDは、FIPS140-2規格など、公共部門でのテクノロジーの選択に不可欠な多くの規制に準拠していることが認定されています。また、アクセシビリティ機能に関する情報を提供するためのVPATプログラムなど、さまざまな仕様や標準の要件にも準拠しています。同社はさらに、クラウドで安全なアクセスを提供するためのFedRAMP認可の獲得も順調に進めています。

詳細情報

連邦政府に関わる民間機関

連邦政府に関わる民間機関

SecurIDは数十年間にわたり、連邦政府によるITモダナイゼーションをサポートしてきました。

州政府と地方自治体

州政府と地方自治体

SecurIDは、州政府および地方自治体と連携して、その構成員に便利かつ安全にサービスを提供できるよう支援しています。

防衛および諜報機関

防衛および諜報機関

SecurIDは、国土の保全と国内外での国民の保護というミッションを担う軍事部門のメンバーをサポートします。

SecurIDとつながる

SecurIDがIDおよびアクセス リスクを管理することによって組織のミッション達成を支援する仕組みについて詳しくは、SecurIDにお問い合わせください。