IAMとゼロ トラスト

ゼロ トラストのアイデアを現実のものにする

ゼロ トラストの背後にある考え方は、ネットワークの境界内であっても、接続元を信頼することは決して賢明ではないということです。そして今、テレワークとクラウドの普及によって境界が過去のものとなる中、この考え方はこれまで以上に説得力を増しています。それでは、この抽象的な概念をセキュリティ戦略に組み込むには、どうしたらよいでしょうか。それを可能にするのが、IDおよびアクセス管理のための適切な機能です。

ゼロ トラスト

SecurIDが提供する機能

信頼を確立する機能

信頼を確立する機能

ゼロ トラストでは、ユーザーにアクセスを許可する前に、適切なレベルの信頼を確立することが重要となります。SecurIDは、さまざまな多要素認証(MFA)方法に加えて、ガバナンス ベースのアクセス認可を可能にするガバナンスおよびライフサイクル機能によってこれをサポートします。

動的な意思決定

動的な意思決定

ゼロ トラストは、特定のセキュリティ テクノロジーというよりもアクセスについての概念ですが、ゼロ トラストの概念をサポートするにはテクノロジーが不可欠です。SecurIDのリスクベース認証テクノロジーにより、信頼を継続的に確立するために必要な動的な意思決定が可能になります。

NISTフレームワークとの連携

NISTフレームワークとの連携

NISTは、ゼロ トラストの主要な原則をサポートするアーキテクチャ フレームワークを定義しています。SecurIDは、リスクベースの分析やロールベースおよび属性ベースのアクセスなど、NISTフレームワーク内での作業の基本となるIDおよびアクセス管理(IAM)コンポーネントを提供します。

リソース

仕組みを確認する

SecurIDのインタラクティブなデモを体験して、アクセスがいかに安全で便利になるかを直接ご確認ください。